デジタル活用で業務効率化!【データ・書類・モノ】のスマート整理をお手伝いしています!お困りの方は今すぐご連絡ください!

【お片付け】熊本地震から7年たった今、整理収納アドバイザーとして思うこと

整理収納アイデア
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

こんにちは。
熊本市の整理収納アドバイザー Mayumiです。

7年前の今日、熊本地震(前震)が発生しました。
あれからもう7年経ったのか…とビックリしています。

ということで、
今日は熊本地震から7年たった今、
【整理収納アドバイザーとして思うこと】について投稿したいと思います。

宜しければぜひご覧ください!

熊本地震を振り返ってみる

熊本地震は2016.4.14に前震、
2016.4.16に本震と2回の地震が発生しました。

地震の体験談については
以前の投稿(下記☟)で詳しく書いているので、
宜しければそちらも見ていただけると嬉しいです。

本震は今まで経験したことのない強い揺れで、
相当な恐怖を感じました。

それから余震も続いていたので、
家の中にいると危険かもということで、しばらく車中泊生活。
車で寝るのは体勢が辛く、余震の恐怖でほとんど眠れなかったです。

その当時住んでいたアパートは壁にヒビなどが入ったり、
クローゼットのハンガーパイプが壊れたりということはありましたが、
倒壊したりすることはなかったので、地震後も問題なく生活できました。

7年前はビックリするくらいモノが多くて、
1部屋を丸々物置部屋として使っていたのですが、
地震後棚が倒れて、モノがフローリングに散乱。
それは本当にすごかったです。

まさに地獄絵図。

もし、この部屋にいる時に地震が起きていたら…
と考えると恐ろしいです。

その当時は全く感じていませんでしたが、
自分の身を守るためにも「お片付け」をしておくことは
かなり重要なことだと思います。

書類をデータ化する重要性に改めて気づかされた

過去何年分もある総勘定元帳を置いていた棚が倒れて、
紙が散らばってしまい、
片付けるのにかなり時間がかかったということを
その当時(前職時代の)お客様からお聞きしました。

「紙で持つメリットもありますが、データ化することでコンパクトに収納することができますよ」
と元帳のデータ化をおすすめし、そのお客様のデジタル化がグンと進んだ事例があります。

当時も既に整理収納アドバイザーのような活動を
していたんだなとふと思い出しました。

今のお話は会社の事例でしたが、
一般のご家庭でも写真や書類、
たくさんの紙類をお持ちだと思うので、同じことが言えますよね。

“紙でそのまま残す”という選択肢の他に
“データ化して残す”という選択肢を加えていただくと、
もっと身軽にコンパクトな収納ができます。

そうすることでいろんな意味でも自分の身を守れるんです。

人生は一度きり

熊本地震、コロナ禍を経験したことで、
さらに“人生は一度きり”という思いが強くなりました。

コロナでは知り合いの方が数名お亡くなりになり、
とても悲しい思いもしましたが、
その経験で

「いつ何が起きるか分からないのだから、
今しかできないことややりたいことをやろう」


という気持ちがより一層強くなりました。

そして、やりたいことをするために長年勤めていた会社を退職。

この決断ができたのは、
きっとおうちをお片付けしたことで、
以前よりも思考がクリアになったからだと思っています。

辞めるのはかなり辛かったですが、
今こうして整理収納アドバイザーとして
仕事を始めることができてとても良かったと思っています。

防災を考えるうえでも、
これからの人生を考えるうえでも「お片付け」はきっと後押ししてくれます。

私は、整理収納アドバイザーとしてこういったことも伝えていきたいです。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今日は自分の思いをただ語る投稿で
まとまりのない文章になってしまいました。

やりたいことがあっても踏み出せないでいる方、
気持ちがモヤモヤして毎日がつまらないと感じている方に
今日の投稿で何かを感じ取ってくれたら嬉しいなと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。


ランキングに参加しています!                            
皆さんの応援が励みになりますので、ポチっとしていただけると嬉しいです★

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ


インテリア(掃除・収納)ランキング


デジタルサポート・書類整理サポート・お片付けサポート、随時受付しています!
ご希望の方はぜひご連絡くださいね♪

★各サポート詳細

★お申し込みフォーム

コメント

タイトルとURLをコピーしました