デジタル活用で業務効率化!【データ・書類・モノ】のスマート整理をお手伝いしています!お困りの方は今すぐご連絡ください!

【洗濯】セリア/売切続出!時短&電気代の節約に!ドライヤーボール商品レビュー

掃除・お手入れ
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

こんにちは。整理収納アドバイザーのMayumiです。

もうすぐ6月。梅雨入りする日も間近になってきましたね。
梅雨になると洗濯物が乾きにくく、乾燥機を使われる方も多いのではないでしょうか?

そこで今日は乾燥機を使う際に“あったら便利”な商品をご紹介したいと思います。

その商品とは、先日「家事ヤロウ!!!」という番組で紹介されていた100円ショップの便利グッズ “ドライヤーボール”です。

店頭に行ってもずっと売り切れていて、今日やっとGETすることができました!
しかも残り2つだったので、慌ててカゴに入れました(笑)

早速こちらの商品レビューをしたいと思います。

購入品紹介

洗濯物を乾燥にかける時に使う商品です。
私はセリアで購入しましたが、キャンドゥにも取り扱いがあるようです。

ドライヤーボール 100円(税抜)

 サイズ:7.5㎝
 素材:ウール100%
 乾燥機の性能や洗濯物の量によって、ボールの数を調節してください。
 衣類6kgあたり2~3個が目安です。

ドライヤーボールとは?

ドライヤーボールとは、乾燥機を使う際に洗濯物と一緒に入れるボールのことです。
乾燥機をよく使う海外などで多く使われていたようです。

ウール製とプラスチック製のモノの2種類があり、セリアやキャンドゥで販売しているドライヤーボールはウール製になります。

日本では2020年くらいから話題になり始めたようなのですが、その当時は1玉1000円位と高価で、今はだいたい1玉200~500円位が相場となっています。
それがさらにお安く100円で購入できるのは嬉しいですよね♪

このドライヤーボール、余分な水分を吸い取りながら服どうしが絡まるのを防ぎ、効率よく乾かしてくれる優れもの。
時間の短縮だけでなく、電気代の節約にも一役買ってくれるのです。

また温風が全体に行き届く手助けをしてくれるので、乾き残しがなく、柔軟剤なしでもふんわり仕上がります。
柔軟剤のニオイが苦手な方や肌が弱くて柔軟剤が使えないという方には特にオススメです!

シワや静電気を防ぐ効果もあるので、快適にお洗濯ができる点も嬉しいポイントですね。

ドライヤーボールを使ってみた

使い方は至ってカンタン。

洗濯が終わって、乾燥をかける前にドライヤーボールを入れ、乾燥スイッチをポンと押すだけ。
私はドライヤーボール2個を使いました。

ドライヤーボールは乾燥でしか使用できない商品のため、洗濯が終わったら一旦止め、ドライヤーボールを入れてから乾燥のセットをする必要があります。

洗濯機で洗濯~乾燥までを一気にかけられている方にとっては、一旦止める作業が手間に感じられるかもしれません。
我が家では、乾燥にかけたくない衣類があるので毎回洗濯と乾燥を別々にセットしているため、この点は特に問題ありませんでした。

最後に

我が家では年中洗濯機の乾燥モードを多用しているので、ドライヤーボールを使うことによって、時短になり、さらに電気代の節約に繋がるという点は最大のメリットだと感じました。

乾燥が終わった後の洗濯物は確かにとてもふっくらしていました。
そして洋服同士の絡まりもなく、スムーズに取り出すことができました。

これから乾燥をかけるのが楽しみです♪
気になる方は是非試してみてくださいね!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。


こんなかわいいドライヤーボールを見つけました☟

コメント

タイトルとURLをコピーしました